バレエに役立つ筋トレ

バレエダンサーは筋トレは必要ないということをいまだに信じている人達もいますが…。 実は今どきのバレエダンサーは筋トレはしっかりしています。 プロのバレエ団にはトレーニンググッズが設置されていて、ダンサーたちは日々トレーニングを重ねています。 プロだけでなく、趣味でバレエをしているとしても、筋トレが大変重要です。体をほぐしておくことにもなり、バレエを上達するにも筋トレはとても役立ちますし、けが防止にもなります。 バレエを上達するために筋トレをいくつかご紹介します。

 

 

バレエに有効な筋トレ

バレエで大切なのは体のバランス、引き締まったボディライン、美しい姿勢、しなやかな身のこなしなどです。そのため、それを維持するために、普段から筋トレをしておく必要があります。体の維持やバレエの上達には次のような筋トレが有効です。

 

足のストレッチ

足首回し、足全体のストレッチ、のストレッチなどがあります。バレエはつま先立ちが基本で、足首や太ももに大変荷重がかかりますので、足をほぐしておくことが大切です。そのため座った状態でまずは筋肉をほぐしておくことが大切です。

お尻やお腹のストレッチ

大臀筋(お尻の上部の筋肉)のストレッチや中臀筋(股関節の外側の筋肉)のストレッチがあります。バレエで美しいボディラインを保つには、お尻やお腹のお肉を引き締める必要があります。そのためにまずはこの部分のお肉を温めて脂肪燃焼しやすくしておきましょう。

太もものストレッチ

内転筋(ふとももの内側)のストレッチや大腿四頭筋・大腿直筋のストレッチ、ハムストリングス(太ももの裏側)のストレッチがあります。バレエダンサーが最も美しく保ちたいのはまっすぐ伸びたきれいな足と、しなやかな脚の曲線美です。そのためには太ももの筋肉はできるだけシェイプアップして、柔らかくしなやかである必要があります。まずは太ももの筋肉をほぐし柔らかくしましょう。

 

美しい姿勢を保つストレッチ

立った姿勢で体のバランスや美しいボディラインとなるようなストレッチとして、首、肩、背中のストレッチがあります。バレエのバーのかわりに机やキッチンの台などを使って、下半身を強化することもできます。つかまり立ちしながら、両膝を曲げたり伸ばしたりします。何度か繰り返しましょう。なるべく美しい視線が保てるように体の重心が中心になるように意識を集中してみましょう。

スクワット

バレエでは太ももの筋力が大切です。あまりやりすぎて太ももが筋肉質になってしまわないように気を付けておきましょう。

体幹を鍛えるトレーニング

体幹トレーニングは胴体の筋肉を鍛えるトレーニングです。バレエでも体幹を鍛えることは大切です。ターンアウトに使う外転筋を鍛え、脚の付け根から動かせる筋力を養うことができます。