バレエに必要な筋肉〜背筋の鍛え方

バレエでは筋肉を良い状態に保つために、鍛えることが大切であることは先回お話しました。いくつか大切な筋肉はありますが、最も大切な筋肉の一つとして背筋があります。今回は、背筋の筋トレについてお話します。

バレエに必要な筋肉は背筋

バレエでは背筋がとても重要な要素です。背筋は、体の中でも面積が広い部分で、体の代謝を高め、体全体の筋肉のバランスを保つために重要な筋肉となります。そして立ち方や姿勢、歩き方などにも影響があるので、バレエパフォーマンスを上げるのにも大変重要です。

 

背筋が弱くなると体全体のバランスが悪くなり、猫背やアンバランスな筋肉のつき方になるので見た目も悪くなります。バレエにとって大切な上半身の引き上げ効果です。上半身に適度の筋肉がないと、脚が上がらずバレエも上達しにくくなります。

 

バレエを始めるにあたっては、上半身のリフトアップは大変重要です。さらにバレエでよく注意されるのが、引き上げとアンデオールです。肩甲骨はバレエにとって必要な逆三角形の体を作るために重要な部分です。背中の筋肉を鍛えることで、バレエで美しい姿勢を保つに縦横な体軸を作ることができます。

 

背筋のトレーニング

背中の筋肉を鍛えるのには、ゴムバンドなどを使った方法があります。

 

背筋肩甲骨を鍛えるトレーニングとして、肩甲骨を下げるために、行う運動です。肩甲骨を下に下げたまま、頭の上のゴムバンドを上げます。そしてゴムバンドの両端を掴み、左右に引っ張ります。そして肩甲骨を下げたまま、左右に強く引き、ゴムバンドを張った状態で保ちます。これを10回程度行います。

 

もう一つは、肩甲骨を寄せる運動です。胸の前でゴムバンドの両端をつかみます。そして肩甲骨が寄せられるのを意識して、力を入れていきます。先ほどの運動と同様にゴムバンドを左右に強く引っ張り、張った状態で保ちます。10回程度繰り返しましょう。さらに背甲筋を鍛えるための運動があります。四つん這いになり、前方を向きます。そして、最初は背骨を丸めてゆっくりと首のほうから骨盤まで動かしていきます。この時に息をゆっくりと吐いていきます。次に息を吸いながら顔を上げていきます。この時に腰を反らないようにします。

 

これらの運動は、美しい背中の筋肉を作り、姿勢、立ち方、体のバランスなどを整え、バレエパフォーマンスをアップするのにも有効です。