筋肉サプリの成分としてよく耳にするのがEAAという成分です。今回はEAAについてご説明します。

 

EAAとは

EAAとは、必須アミノ酸(Essenntial Amino Acids)の総称です。アミノ酸は、体内で生成できる非必須アミノ酸と生成できない必須アミノ酸があり、必須アミノ酸は外部から食品やサプリメントで補う必要があります。EAAには次の9つの種類が含まれています。トリプトファン、リシン、メチオニン、フェニルアラニン、トレオニン、バリン、ロイシン、イソロイシン、ヒスチジンです。EAAのサプリメントには、これらの種類のアミノ酸がセットで含まれています。以前にご紹介しましたBCAAはバリン、ロイシン、イソロイシンでしたが、さらに6つの種類が加わったのがBCAAです。サプリメントによっては、トリプトファンは入っていないものもありますので、8種類のものも一部あります。

 

EAAの効果

EAAの効果は、筋肉の合成を促し、分解を抑える働きがあることです。EAAは、筋肉の合成を向上させることがとても得意で、ある研究によるとEAAをとってからトレーニングをしたところ筋肉の合成が400倍もあがったとも言われています。そして摂取されたEAAはほとんど筋の合成に消費されてしまうので、たんぱく質を多量に摂取して脂肪として蓄積されにくくなります。結果的に体脂肪の低い体になれるというわけです。そして余った脂肪や熱量を同時に消耗させる効果もあるので、脂肪燃焼もアップします。

 

BCAAとの違い

そしてBCAAの一部であるEAAとの違いについて疑問に思われるかもしれませんが、BCAAだけとるより、EAAとして摂取したほうがより効果的だと言われています。それは、EAAもBCAAも筋肉の合成という意味では同じなのですが、EAAのほうはすべての必須アミノ酸を含んでいるので効果が高まります。そしてBCAAは肝臓で代謝されず筋肉で代謝されにくいアミノ酸でが、EAAは肝臓で代謝されて、必要なときにすぐに筋肉で代謝できるような形に変換されます。そのため、EAAは、いつでも筋肉の合成に使いやすい形態となります。

 

EAA摂取の飲み方

EAAは、トレーニング前とトレーニング後2回に分けてのむのが有効です。そして1日6gが目安量なので、トレーニング前に3g、トレーニング後に3gを飲みます。そしてBCAAは、活動量が上がる成分ですのでトレーニング中に飲むのが有効です。

おすすめEAA配合のサプリメント

パーフェクトビルドEAA