体重よりも体脂肪を落とすのが大事!

ダイエットは特に女性にとっては大きな関心事ですが、ダイエットを行う際に、体重を減らすのを目標にする人が多いと思います。つまり肥満=体重が多いことと考え、ダイエットとは体重を軽くすることだと考えている人が多いからですが、実はそれは大きな勘違いなのです。

 

勿論体重も減るに超したことはありませんが、ダイエットでは実際には、体脂肪率を正常な数値にキープするということが1番大切なのです。単に体重が減るだけでは筋肉が減ったことにしかならず、体脂肪がそのままですとダイエットの後にドカ食いをして、リバウンドをしてしまう確率が高くなってしまうと言われています。

 

具体的には野菜だけしか食べない等の無理な食事制限をして、筋肉だけが減って代謝が悪くなり、返って太りやすくなってしまうということなのです。体脂肪率を下げながらダイエットをするには、栄養バランスのとれた食事と、適度な負荷のかかる運動をすることが大切です。

 

体脂肪を落とすには、ストレスにならない程度に適度な負荷のかかる運動をすることで、筋肉の量をキープしつつ、基礎代謝をあげていくことが重要です。ダイエットでは特にジョギングや水泳等の有酸素運動が有効ですが、短時間で行える自分の体重をかけることだけで行う、菌トレを取り入れても良いでしょう。

 

筋肉というものは身に付けた分だけ基礎代謝がアップしますので、後は常識の範囲で健康的な生活習慣と食生活をしていけば、太りにくく痩せやすい体質になる、これが体脂肪を落としてダイエットを成功させるということなのです。野菜のみを食べて炭水化物を抜くというような偏った食事は、リバウンドの原因になりやすいですから、タンパク質や脂質も適度に摂取する必要があります。

 

またタンパク質も筋肉の元になるものですから、必要なだけの筋肉をつけることで身体全体が引き締まり、理想的な体型と体質になれるわけなのです。また女性は元来筋肉がつきにくい体質ですので、道具を使わない筋トレをしてもムキムキになることはまずありません。

 

ダイエットでは毎日の体重測定も欠かすことの出来ない条件ですが、その際に使用する体重計は、体脂肪率も図れるものを購入すると良いでしょう。以前は大変高価なものでしたが、今なら5000円程度で購入出来るものもありますので、ダイエットを行う際には必ず購入して、目標体重と同時に目標の体脂肪率も設定し、毎日測定を行いながら、ダイエットを続けることが大切です。